MENU

クレアチンローディングとはどんな飲み方?

クレアチンローディングとは、クレアチンの効果をより早く得るために、短期間で集中的にクレアチンを飲む方法。通常であれば1日5gの摂取が推奨されているクレアチンを、1日に20g摂取。それを5日間続けて、それ以降は1日5gの摂取を続けるという方法です。クレアチンは一度に吸収できる量が限られているので、一気に20gを摂取するのではなく、5gずつを4回に分けて摂取します。

 

クレアチンローディングのデメリット

クレアチンローディングのデメリットは、最初の5日間は飲むのが非常に面倒だという点。ただでさえ飲むのが面倒なクレアチン、それを1日に4回となると結構時間も取られます。お湯に溶かさないでそのまま飲める胃腸の頑丈な人であればさほど手間にならないかも知れませんが、短期間でまとめて飲むため、お腹の調子が悪くなったり、トイレが近くなったりという副作用は出やすいことは覚悟しておきましょう。

 

1日20g程度の摂取であれば腎臓に過度の負荷がかかることは無いと思いますが、それでも通常摂取に比べれば負担がかかる可能性は高いと思いますのでご注意下さい。

 

クレアチンローディングのメリット

クレアチンローディングのメリットは、短期間で体内のクレアチン貯蔵量を満タンに出来ること。そのため5日後にはクレアチンの力をほぼ体感できるでしょうし、大会前などすぐに結果を出したい時にはおすすめの方法です。

 

また、クレアチンローディングは一種の“儀式”的な意味合いもあり、自分自身がトレーニングへスイッチを入れるためにも有効な方法とも言えるでしょう。例えば大会前は必ずローディングして、それと同時にスイッチを入れてモチベーションも加速させるといったようにすれば、ローディングをプラスの方向に活かすことも出来ると思います。

 

通常摂取(クレアチンメンテナンス)

メーカーの推奨どおり、1日5gの摂取を続ける方法です。クレアチンローディングが終わった後も、体内のクレアチン量は徐々に減少してしまうので、効果を得続けるためにはメンテナンスをする必要があります。

 

この通常摂取を30日間続けると、ローディングをしたのとほぼおなじ結果を得ることが出来ると言われており、特に急いで結果を求めている場合でなければ、通常摂取でも十分かも知れません。

 

クレアチンローディングは不要か?

以上のようにローディングと通常摂取の二種類があるクレアチン。吸収効率の良いクレアルカリンならローディングも不要だと言われていますが、それよりも効率は劣るものの価格が安いクレアチンモノハイドレートでの摂取が長期的視点で考えると現実的かと思います。

 

基本的には、よほど急ぎの事情がない場合は通常摂取で構わないと思います。大会の一週間前に慌ててクレアチンを購入し、一気に成果を出そうとローディングするのは分からなくもありませんが、正直そこまでの効果は得られないでしょう。

 

クレアチンを摂取し、より強度の高いトレーニングが出来るようになることがミソですので、計画的にクレアチンの摂取を初めてトレーニングする方が、胃腸への負担や時間的ストレスも少なく良いように思えます。もしもローディングする場合は胃腸への負担とトイレが近くなることを覚悟した上で取り組むようにしてみて下さい。