MENU

クレアチンALKの効果と成分・口コミについて

 

水に溶けないクレアチンモノハイドレートとは違い、常温の水にも簡単に溶ける、次世代のクレアチンであるクレアルカリン。そのクレアルカリンをパイン味の飲みやすい風味で仕上げた、kentaiのクレアチンサプリメントであるクレアチンALKは、吸収効率もよくローディング不要。価格が割高であるもののアマゾンや楽天で購入することが出来、クレアチンの効果を実感したい人に非常におすすめのサプリメントです。

 

クレアチンALKについて【目次】

 

クレアチンALKの成分と効果


クレアチンALKにはクレアチンの吸収を助ける”糖質”と”αリポ酸”が配合されています。クレアチンALKに含まれているのはクレアルカリンというクレアチンの一種。多くのクレアチンサプリメントは第一世代のクレアチンモノハイドレートを原料としていますが、第三世代と言われるクレアルカリンはその吸収効率の高さが魅力。効果そのものはクレアチンモノハイドレートと変わりませんが、より効率よく摂取できるので、すぐに効果を実感したい方にもおすすめのサプリメントです。

 

 

クレアチンALKの口コミ・評判


試合前はいつも飲んでいます。飲むのと飲まないのとでは2.5kg〜5kg重量が違う感じがあり、ピーキングには欠かせません。コストがかかるので常用するのは難しいですけど、非常に効果を感じているサプリメントの一つです。

 

年齢/性別

種別

評価

30代男性 パワーリフター クレアチンALK,効果,口コミ

 

クレアチンALKの悪いところ

  • 返金保証がないこと(※サプリメントには返金保証がないものがほとんどです)
  • コストが割高なこと(1缶が2〜3週間で無くなるイメージです)
  • クレアチン以外の成分は摂取できないこと

 

クレアチンALKの良いところ

  • 簡単に水に溶ける
  • すぐに効果が実感しやすい
  • パイン味で美味しく飲める

 

現役トレーナーのクレアチンALK体験レビュー


管理人自信がパワーリフティングの大会前に愛用しているサプリメント。水に溶けやすく美味しく飲めるという異色のクレアチンで、確かな効果を感じます。本来であればトレーニングの質を上げるために常用したいのですが、コスト面で継続利用が難しいのがネック。月々8000円程度のコストがかかりますからね。普段はクレアチンモノハイドレートの商品を使い、ここぞという時にはクレアチンALKを使うのも良いかも知れません。

 

クレアチンALKをおすすめしない人

  • HMBも一緒に摂取したい方
  • オールインワンのサプリメントをお求めの方
  • なるべくコストを抑えたい方

 

クレアチンALKをおすすめする人

  • クレアチンだけのサプリメントをお探しの方
  • 今までに他のクレアチンで挫折した方
  • 価格よりも効果を重視したい方

 

クレアチンALKを最安値で購入するには?


クレアチンALKはアマゾンで購入すると29%オフで、定期コースなら更に10%オフで購入できます。僕が利用していた当時はもっと高い価格だったので、1缶3847円で購入できるのはかなりお得だと思います。薬局やスポーツクラブではここまで安い価格で購入できないと思うので、アマゾンでのお買い求めをおすすめします。

 

クレアチンALKまとめ


が使っていた時は1缶5000円とかで購入していたので、かなり安く変えるようになって羨ましいというのが本音です。2週間〜3週間程度で1缶を使い切ってしまうので割安とまでは言いませんが、かなりコスパに優れた商品と言えるでしょう。

 

ただしクレアチン以外の成分は糖質とαリポ酸しか含まれていないので、HMBやBCAAも一緒に飲みたい方には別の商品の方が良いと思います。僕のイチオシはマッスルエレメンツですね。